こぶしはアレルギー体質です。

AP水の患部への吹き付けと、犬用ステロイド剤コルタバンス、フルメタクリームなどで、乗り切っています。

(AP水、コルタバンスについては、「アレルギーの症状とおすすめ対策」の記事に、

フルメタクリームについては、「アレルギーが出ちゃいました」の記事に詳しく書いています。)

 

それでもど~しても痒くなる時があるみたいです。

 

お腹や脇の下、あるいは耳が痒くなりやすいようです。

 

特に耳は後ろ足でガーと掻くのですが、

時々きつく掻き過ぎて、傷つけてしまって痛かったのか、キュンと泣いている時もあります。

 

あまりに痒そうで、しょっちゅう掻いている時には、プレドニゾロン錠剤を1錠飲ませます。

痒みが治まります。

 

プレドニゾロン錠剤
プレドニゾロン錠5mg

味は美味しいみたいで、喜んで食べます。

 

病院の先生は、痒みが強く、ひどく掻く時にだけ1錠飲ませて下さいと言っていました。

しかも、次に飲ませるには必ず1週間あけて下さいとも言われました。

それだけ効き目が強く、副作用もある薬なんでしょうね。

 

プレドニゾロン錠剤の大きさ

こんなに小さい薬なのに、強い影響力があるみたいですね。

 

 

プレドニゾロン錠剤について、ちょっと調べてみました。

 

プレドニゾロン錠剤はステロイド薬です。

アレルギー性の病気以外に、アトピー性皮膚炎など炎症性の病気、免疫系の病気などに広く使用されるようです。

プレドニゾロンは、効果が早く、ほぼ間違いなく効くようです。

病気を治すものではありませんが、痒みは抑えることが出来ます。

 

こぶしもプレドニゾロンを飲んだら、その後は体や耳を掻く仕草は見えません。

痒みが治まっているようです。

2,3日はその効果は続いているように思います。

 

でもご存知のとおり、ステロイドには副作用があります。

プレドニゾロンにもやはり副作用があるようで、

短期間で必ずみられる症状としては、

  • 水をよく飲む。
  • 食欲が増す。
  • おしっこの量が増える。
  • たまに嘔吐や下痢をするワンコもいるようです。

こぶしの場合は、嘔吐や下痢の症状は一度も出たことはありません。

食欲もいつも旺盛なので、増したかどうかも分かりません(^^;;

ただ水は確かによく飲みます。

喉が渇くようですね。

水をよく飲むので必然的におしっこの量が増えるようです。

 

こういった副作用があるため、医者は1週間あけて飲むように言われたんですね。

飲み過ぎは注意ってことですね。

 

こぶしは、飲んだ日をメモっておいて、必ず1週間以上あけるように気をつけています。

 

副作用が怖くて飲まさない飼い主さんもおられるようです。

でも、痒がって傷つくほどひどく掻いてしまう姿を見ると、何とかしてあげたいものです。

 

プレドニゾロンは、やたらと飲ませたり、痒みが軽いのに飲ませたりしてはいけませんが、

ステロイドだからとむやみに否定し、飲ませないでいると、かえって愛犬を苦しめることにもなると思います。

 

要はさじ加減。

用量用法を守って適度に使う事が大切だと思います。