2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授

寄生虫やマラリアなどに関する研究が話題になっています。

 

中でも寄生虫による風土病の治療薬として実用化した「イベルメクチン」は、

世界中の多くの人や動物を救っているんですよ。

 

もちろん犬も例外ではなく、命を救われています。

 

イベルメクチンといえば、犬のフィラリア予防 に大きく関係しています。

 

フィラリアとは、’蚊’に刺されることにより発症する病気です。

フィラリアの幼虫を体内に持った’蚊’に刺されると、

犬の体内にフィラリアの幼虫が入り込むんです。

 

フィラリアの幼虫とは犬糸状虫。

いわゆる回虫とかぎょう虫とか言われている、あのそうめんのような気持ち悪い虫です。

フィラリア幼虫

もし、犬がフィラリアに寄生されてしまったら、

  • 咳が出る。
  • 元気がない。
  • 食欲がない。

などの初期症状が起こり、さらに悪化すると、お腹が膨らんできたり、おしっこの色が赤っぽくなります。

そして心不全などを起こし死んでしまう場合もあるそうです。

 

そんな怖い病気から守ってくれるフィラリア予防薬に、イベルメクチンが使われているんです。

 

柴犬こぶしが今まで飲んだ事のあるフィラリア予防薬は、

カルドメックチュアブル(メリアル・ジャパン)と
イベルメック(フジタ製薬)

カルドメックチュアブルとイベルメック

どちらもお菓子型で飲むというより食べるタイプです。

いずれも犬の体重1kg当たりイベルメクチン6μgが基準量とされています。

春の蚊が出始めた次の月から、秋の蚊が居なくなった次の月まで、
毎月1回で食べさせます。

 

カルドメックチュアブルについては、
「フィラリア予防薬にカルドメックチュアブルP136」に、

イベルメックについては、
「フィラリア予防の薬イベルメックを飲んだ」に詳しく書いています。

 

また、カルドメックチュアブルとイベルメックの違いについてはこちらです。
カルドメックチュアブルとイベルメックの比較

 

おかげで柴犬こぶしは、今までフィライアにかかる事もなく健康に過ごしています。

大村智さんのイベルメクチンの研究・開発は、犬たちにとっても大変助かっているんですね。

 

 

カルドメックチュアブルとイベルメックを比較してみました。

 

カルドメックチュアブルもイベルメックも両方、半生タイプのお菓子型の薬です。

こぶしの場合、どちらも美味しそうに食べ、苦労せずに薬を飲ますことが出来ましたよ。

 

見た目はイベルメックの方が可愛いです。

イベルメックは形がボーン型で、とってもカワイイんです。
飼い主の心をくすぐる憎い演出がされていますね~(笑)

イベルメックMサイズ

それに比べ、カルドメックチュアブルは、綺麗な形には形成されていません。

カルドメックチュアブル3

その点は、さすがアメリカの製品って感じを受けました。(ごめんなさい(^-^;)

でも犬にとっては見た目なんて関係ありませんよね。

大事なのは中身!

 

さて、中身についてですが、
イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品であり、効果は同じだそうです。

 

実際、こぶしはカルドメックも1年間、イベルメックも1年間、飲んだわけですが、
どちらもフィラリア検査をした結果、全く異常なしでした。

つまり、どちらもしっかり駆除されていたって事ですね。

 

ただ、価格に違いがあります。

カルドメックチュアブルP136は1個 1680円。

イベルメックMサイズは1個 1200円。

やはりジェネリック医薬品の方が安いんですね。

 

あとはワンちゃんの味の好みによるだけかもしれません。

以上、こぶしの母さんの独断と偏見によるカルドメックチュアブルとイベルメックの比較でした。
ご了承ください。

 

 

 

 

 

訳あって病院を変えたら、フィラリアの予防薬も変わりました。

以前は、イベルメックDSP-68でしたが、
今回は、カルドメックチュアブルP136という薬が出されました。

 

イベルメックについては、「柴犬こぶし、フィラリア予防の薬を飲んだ」に詳しく書いています。
フィラリアという病気についてもそちらに書いていますので、そちらをご覧ください。

 

薬が変われば、どんな薬なのか気になりますよね。

こぶしに飲ませて安心なのか、ちゃんと飲んでくれるのか・・・

それでカルドメックチュアブルP136について、ちょっと調べてみました。

カルドメックチュアブル1

カルドメックチュアブルは、メリアル・ジャパン株式会社の薬。
フロントラインを出している会社です。

犬糸状虫の寄生を100%予防すると同時に消化管内線虫の駆除が出来ます。

お菓子型なので、薬を飲むというより、食べさせるタイプです。

 

カルドメックチュアブルにはP34/P68/P136/P272の種類があり、それぞれ1個中に入っている成分量により分けられていて、ワンちゃんの体重によって選びます。

  • P34は体重5.6kg以下のワンちゃんに。
  • P68は体重5.7~11.3kg以下のワンちゃんに。
  • P136は体重11.4~22.6kg以下のワンちゃんに。
  • P272は体重22.7~45.3kg以下のワンちゃんに。

こぶしの体重は、11.55kgなので、ぎりぎりP136ですね。

 

春の蚊が出始めた次の月から、秋の蚊が居なくなった次の月まで、
毎月1回、1ヶ月間隔で食べさせます。

だいたい1cm×1cm×3cmくらいの大きさで、半生タイプで柔らかく、手でちぎれます。

カルドメックチュアブル2

そのまま食べさせてもいいのですが、私は手で小さくちぎって、おやつのように食べさせました。

すると全く嫌がらず、むしろ美味しそうに、もっとちょーだいくらいの勢いでペロっと食べてしまいましたよ(笑)

犬にとって美味しい味になっているんでしょうね。

価格は1680円でした。

 

実際、こぶしはカルドメックを1年飲んだわけですが、
先日、フィラリア検査をした結果、全く異常なしでした。

つまり、しっかり駆除されていたって事ですね。

 

カルドメックチュアブルとイベルメックを比較してみました。

比較した結果をこちらに詳しく書いていますので、読んでみて下さいね。

カルドメックチュアブルとイベルメックの比較