カルドメックチュアブルとイベルメックの比較

カルドメックチュアブルとイベルメックを比較してみました。

 

カルドメックチュアブルもイベルメックも両方、半生タイプのお菓子型の薬です。

こぶしの場合、どちらも美味しそうに食べ、苦労せずに薬を飲ますことが出来ましたよ。

 

見た目はイベルメックの方が可愛いです。

イベルメックは形がボーン型で、とってもカワイイんです。
飼い主の心をくすぐる憎い演出がされていますね~(笑)

イベルメックMサイズ

それに比べ、カルドメックチュアブルは、綺麗な形には形成されていません。

カルドメックチュアブル3

その点は、さすがアメリカの製品って感じを受けました。(ごめんなさい(^-^;)

でも犬にとっては見た目なんて関係ありませんよね。

大事なのは中身!

 

さて、中身についてですが、
イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品であり、効果は同じだそうです。

 

実際、こぶしはカルドメックも1年間、イベルメックも1年間、飲んだわけですが、
どちらもフィラリア検査をした結果、全く異常なしでした。

つまり、どちらもしっかり駆除されていたって事ですね。

 

ただ、価格に違いがあります。

カルドメックチュアブルP136は1個 1680円。

イベルメックMサイズは1個 1200円。

やはりジェネリック医薬品の方が安いんですね。

 

あとはワンちゃんの味の好みによるだけかもしれません。

以上、こぶしの母さんの独断と偏見によるカルドメックチュアブルとイベルメックの比較でした。
ご了承ください。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加