こぶしをしつけるにあたって、

森田誠、藤井聡、遠藤和博の3つのしつけ法を試してみましたが、

我が家のしつけには、森田誠さんのしつけ法が一番合っていたと思います。

 

なぜなら、森田誠の犬のしつけ法は、

家族と同じ扱いでしつける事ができるからです。

 

犬が悪いことをしたら、すぐに叱るのですが、

そのあとは、犬に優しく声をかけ何度も撫でて愛情で包み込むのです。

 

つまり、めちゃくちゃ可愛がりながらしつける事が出来るのです。

普段使っている言葉で大丈夫!

愛情たっぷり感情たっぷりでしつけます。

 

そうすると、犬に恐怖心や 警戒心、猜疑心(さいぎしん)を全く与えることなく、

犬と飼い主の間に絶対的な固い信頼関係が築けます。

 

おかげで今は、甘噛みしたり吠えたりする事はいっさいありません。

私の隣に座って一緒に並んでテレビも見ますし、

私にくっついて一緒に昼寝もします。

ほんと家族の一員です。

 

最初にこぶしを飼う時に抱いた理想どおりの犬に育てることが出来ました。

森田誠のしつけ法は、うちの飼い方に合っていたんだと思います。

 

森田誠の公式サイトはこちら。
>>>森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

 

 

逆に、犬と人との生活空間を分けた飼い方をしたいと思っている方もおられると思います。

犬は家族の一員だと思っているが、犬らしい生活を過ごして欲しいと思っている方です。

そういう方には、藤井聡のしつけ法が合っていると思います。

 

藤井聡のしつけ方は、冷静に、無言でしつけます。

褒めるときも、チョンっと頭を撫でる程度。

森田誠のように、全身を何度も撫でて褒めるような事はありません。

 

どうすれば飼い主さんに褒めてもらえるのか、喜んでもらえるのか、

犬に考えさせるという方法です。

 

犬は決してソファーには登らせない。

同じ布団で一緒に寝るのも禁止!

犬は人間よりも下であるという、徹底した上下関係を目指します。

 

厳しすぎるくらいのしつけ方ですが、そのかわり効果は早いと思います。

警察犬のように自分に忠実な犬に育てたい人には藤井聡のしつけ法が合っていると思います。

 

我が家は、こぶしとベッタリ一緒に暮らすのが理想なので、藤井聡のしつけ法は少し合ってないかな~と感じました。

ただ、藤井聡のご飯のしつけ方(一口給餌法)は、すばらしい効き目で助かりました。

 

藤井聡の公式サイトはこちら。
>>>ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 

一方、最低限のしつけさえ出来ていれば大丈夫だから、

それよりも、おて、おすわり、まて、などを教えたいという方。

ちょっとした芸を教えたい方。

信頼関係とか上下関係を築くというような遠回りの方法ではなく、とにかく犬の問題行動だけを手早く治したいという方。

こんな方には遠藤和博のしつけ法が合っていると思います。

 

遠藤和博のしつけ法は、全てスマートカラーだけでしつけます。

犬が問題行動を起こした時、あるいは直前にスマートカラーを引っ張る。

それを繰り返しているうちに治ってくるという教え方です。

 

手早く簡単にしつけられますが、

大型犬や、気の強い和犬には向いてないように私は思いました。

 

小型犬や気の優しい犬には遠藤和博のしつけ法が合っているかもしれません。

 

遠藤和博の公式サイトはこちら
>>>遠藤和博の犬のしつけ講座 遠藤和博の犬のしつけ

 

 

以上、森田誠、藤井聡、遠藤和博の3つのしつけ法は、

どれが一番良くてどれが悪いとかじゃなくて、

飼い主さんの生活様式、希望する育て方によって選べば良いと思いました。