ある日の晩、いきなり食べたご飯を全部吐き出してしまいました。

晩ごはんを食べてから、約2時間後の頃です。

 

まずは気持ち悪そうに舌をペロペロと何度も出して、

そして、お腹を上下させて、下を向いて、静かに吐きました。

 

嘔吐するのは初めての事なので、びっくりして焦りました。

 

嘔吐物はほとんど晩ごはんそのままで、あまり消化されていませんでした。

 

こぶしのご飯は、ドッグフードに、大根と人参を茹でて細かく切ったものを混ぜています。

それがあまり消化されていませんでした。

 

食後2時間なので、どれくらい消化されているものなのかは分かりませんが・・・・。

 

 

嘔吐した後、こぶしは何もなかったように元気で、変わった様子もなかったので、

この日はそのまま寝かしました。

 

 

ところが次の日、

朝ごはんを食べた約2時間後、またご飯を全部吐き出してしまいました。

やはりあまり消化されていませんでした。

 

これはおかしい。

2度も吐くなんて、どこか具合が悪いんだ。

 

すぐに病院へ行きました。

 

 

病院では、便の様子、食欲について聞かれました。

 

便は普通の便が今朝も出ました。

下痢はしていません。

食欲はあります。朝ごはんもペロっと平らげましたから。

 

 

診察の結果、胃炎でした。

 

胃が弱って荒れているとのことです。

 

 

医師によると、犬は元々胃が弱い動物だそうです。

 

 

犬が胃炎を起こす原因は、

・食べ過ぎた。

・ドッグフードが変わった。

・新しいおやつを食べて、それが合わなかった。

だそうです。

 

どの場合もすぐに反応が出る時もあれば、2週間ほどして症状が現われる場合もあるそうです。

 

 

思い当たるとしたら、新しいおやつを食べ過ぎたのかな???

 

 

治療は、筋肉・皮下注射を1本打ちました。

 

これは吐き気止めのプリンペランの注射です。

 

首の肉をつまんで持ち上げてプスっと打ちました。

 

この注射は痛いらしく、普段全く泣かない吠えないこぶしが、キャンって声をあげました。

 

そして同じくプリンペランの錠剤を処方されました。

朝夕、食前に1錠半。

3日分です。

 

 

ここで、プリンペランについてお話しましょう。

プリンペランは主に吐き気止めとして使われる薬で、

胃炎・腎炎などの消化器における様々な不調に対して効果を発揮する薬です。

 

嘔吐が胃の逆運動であることに着目して、

動きを逆ではなく正常に戻せば嘔吐が止まる、ということで使用されるのがプリンペランです。

 

副作用もほとんどなく、安心して飲める薬だそうです。

 

 

さっそくこの日の夕方から錠剤を飲ませました。

 

こぶしはたいていの薬は嫌がらず飲むのですが、

プリンペランは味が苦手なのか、飲ませてもペっと吐きだします。

 

仕方なく、プリンペランを細かく砕いて、少量のおやつに混ぜて飲ませました。

 

 

ご飯の量は、初めのうちは、いつもの4分の1にし、

3日間、徐々にご飯の量を増やしていくつもりでした。

 

ところが、こぶしの食欲がだんだんなくなっていき、

全く食べない時もありました。

 

こうして3日間、あまりご飯は食べないものの、1度も吐かずに済みました。

 

 

ところが薬が無くなったとたん、またご飯を吐いたんです。

まだ胃の調子は良くなってなかったようです。

 

再び病院で診察してもらい、他の異常が見つからなかったため、

追加でプリンペランの薬が処方されました。

 

 

結局、追加の薬を二日分飲んだ時点で、

食欲も出て来たようなので、投薬は止めました。

 

その後、徐々にご飯の量を増やし、

初めて吐いてから7日で、胃炎は回復しました。

 

元のガツガツ食べるこぶしが復活です!

こぶしはアレルギー体質で、

毎日のケアのおかげで体の痒みなどの症状はおさまっています。

 

こぶしのアレルギー対策はこちらをご覧ください。
⇒アレルギーの症状とおすすめ対策

 

でもどうしても耳だけは痒がります。

しょっちゅう後ろ足で器用に耳を掻いています。

 

時には足の指を耳の奥の方まで入れて掻いているみたいです。

 

 

あまりに強く掻いて傷つけて、

自分でも痛かったみたいで、キャン!て大きな声を出しています。

 

痒みがひどい時はブルブルと何度も頭を振り、

いつも痒い方の片耳が横向にの倒れています。

 

 

そして耳が臭いです。

外耳炎になっているのかもしれません。

 

 

家でも出来る限りの応急処置やケアはしているんですよ。

 

AP水を浸み込ませたティッシュで耳の内側表面を優しく拭いて、

表面が乾燥してカサカサしていたらフルメタクリーム軟膏を塗り、


そして耳の奥まで流れ込むように、リンデロン点耳薬を1滴たらします。

これは炎症を抑える効果があります。

 

 

ここまでケアしているのに、耳の痒みは手ごわくて、なかなか痒みは消えないようです。

 

 

こぶしは2ヶ月に1度は病院へ行って、耳の診察と掃除をしてもらいます。

 

 

病院では、耳の奥まで覗いて診てくれます。

 
内側表面は家でケアしているので綺麗なのですが、

奥の方がやはり赤く腫れているそうです。

 

腫れがひどくなると、耳の穴をふさいでしまいます。

 

こうなるとなかなか治すのは難しいそうです。

だからひどくならないうちに普段からケアする必要があります。

 

 

病院では綿棒で奥の方まで洗浄してくれます。

 

そうすると茶色のカビのような耳垢が綿棒に付着して来ます。

 

茶色の耳垢はどのワンちゃんにもあるので、

異常に多くなければそんなに気にしなくていいそうです。

 

(家では綿棒を使っての掃除はやめておきましょう。

万が一傷つけるしまうともっと大変な事になりますから。)

 

 

心配なのは赤く腫れてしまっていること。

 

犬が爪を耳の奥まで入れて掻いてしまっているので傷が付き、炎症しているのです。

 

処置はリンデロン点耳薬を垂らして、炎症をしずめ痒みを抑えます。

 

 

 

こぶしは点耳薬を垂らしている時も大人しくじっとしていますが、

ワンちゃんによっては暴れたり、吠えて怒る子もいるそうです。

 

特に柴犬の雄は吠えて耳を触らせない場合が多いそうです。

 

その点、こぶしは柴犬の雄なのに全く吠えずじっとしているので、

先生がびっくりしていました。

 

それは体中どこを触っても怒らないように嫌がらないように

しつけしたおかげだと思います。

 

こぶしのこのしつけ法で訓練しました。
⇒柴犬の室内飼い、外飼いのしつけ方について~こぶしの体験談~

 

 

 

柴犬は痒いと思いだしたら、意地になって掻く癖があるそうです。

掻きだしたら止まらない性格だとか(^^;;

 

耳を掻いてる姿を見つけたら、

オモチャか何かで痒みから気をそらすのが一番の対処法です。

 

ついつい痒そうだからと飼い主が掻いてやるのは一番やってはいけない事です。

ますます耳に集中してしまうので、痒みが増してしまいます。

 

気をそらせて、痒みを忘れさせてあげるのがいいそうですよ。

こぶしはこの歯みがきジェルを使っています。

ホームセンターでも売っているポピュラーなものです。

このジェルにはコットンシートもセットになっています。

 

コットンシートは指サックタイプになっていて、

人差し指にはめて使います。

コットンシートを装着した人差し指に、

ジェルを米粒大ほど塗って歯を磨きます。

もし歯みがきを嫌がっても、歯みがきジェルを奥歯にたらすだけでも

口の中をさわやかにして、歯垢を沈着しにくくなるそうです。

 

 

しかし最近、こぶしは歯ブラシでの歯みがきにも挑戦しています。

 

歯ブラシにもこの歯みがきジェルを塗って、

前歯、犬歯、上顎の第4前臼歯、下顎の第1後臼歯を中心に磨いています。

 

この歯みがきジェルは美味しくできているので、

こぶしも嫌がらずに歯みがきが出来ています。

 

でもあまりしつこくやっていると嫌になってくるので、

短時間にササッと磨くのがコツだと思います。

 

磨いたあとは、黄色がかっていた歯も、白く美しくなります。

 

人間と同様に、犬にとっても歯みがきはとても大切です。

 

犬の歯は、強いようで意外ともろいんですよ。

 

詳しくはこちらに書いています。ぜひ読んでみて下さい。
こぶしの歯みがきの仕方と頻度

一瞬、どうなってるの?と驚く写真。

頭に、椅子の足が食い込んでいます。

ちょっと引いてみると・・・

椅子の足を枕に寝ていました(笑)

どんだけモフモフなんでしょう~(≧∇≦;)

犬のしつけ体験談

【森田誠の犬のしつけ法の口コミ】
森田誠の犬のしつけ法の口コミは嘘!?私が実際に購入し実践した真実の口コミを暴露