この気持ち良さそうな寝顔。

微笑みながら寝ています。

可愛い寝顔です。

絶対、いい夢見てるよね~。

犬のすごさは、人と絆を結べること。
と麻布大の菊水健史教授が仰っています。

 

犬は動物で唯一、飼い主と目を合わせることが出来ます。

それをアイコンタクトと言ってますが、アイコンタクトすることにより、絆が深まるらしいですよ。

 

私とこぶしも、長い時間じーと見つめ合う事が出来ます。

見つめ合っていると、愛情が深まるのだそうです

 

家庭で飼われている犬とその飼い主30組で実験が行われました。

犬は柴犬、ミニチュア・シュナウツァー、ゴールデン・レトリバー、大型プードルなど多様な犬種や年齢の犬たちが参加しました。

犬と飼い主が30分間触れあったあと、互いの尿に含まれるオキシトシンの濃度を測ります。

その結果、

飼い主とよく見つめ合う犬は、あまり見つめない犬よりもオキシトシンの濃度が高いと判明しました。

その飼い主の尿でも同じ傾向がみられました。

 

つまり、互いを見つめ合うほど、犬も人間も「オキシトシン」が多く分泌される結果となりました。

「オキシトシン」というのは相手への愛情や信頼関係を生み出す効果があり「愛情ホルモン」とも呼ばれています。

愛情ホルモンは、人間の親子の絆を強める効果がありますが、

それが犬と飼い主の間でも同じく絆を強める効果が出ているという事です。

 

犬と人間は目と目で通じあう特別な絆があるんですね~。

 

これからも、もっともっとこぶしとアイコンタクトして、絆を深めていきたいと思います。

こぶしをしつけるにあたって、

森田誠、藤井聡、遠藤和博の3つのしつけ法を試してみましたが、

我が家のしつけには、森田誠さんのしつけ法が一番合っていたと思います。

 

なぜなら、森田誠の犬のしつけ法は、

家族と同じ扱いでしつける事ができるからです。

 

犬が悪いことをしたら、すぐに叱るのですが、

そのあとは、犬に優しく声をかけ何度も撫でて愛情で包み込むのです。

 

つまり、めちゃくちゃ可愛がりながらしつける事が出来るのです。

普段使っている言葉で大丈夫!

愛情たっぷり感情たっぷりでしつけます。

 

そうすると、犬に恐怖心や 警戒心、猜疑心(さいぎしん)を全く与えることなく、

犬と飼い主の間に絶対的な固い信頼関係が築けます。

 

おかげで今は、甘噛みしたり吠えたりする事はいっさいありません。

私の隣に座って一緒に並んでテレビも見ますし、

私にくっついて一緒に昼寝もします。

ほんと家族の一員です。

 

最初にこぶしを飼う時に抱いた理想どおりの犬に育てることが出来ました。

森田誠のしつけ法は、うちの飼い方に合っていたんだと思います。

 

森田誠の公式サイトはこちら。
>>>森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

 

 

逆に、犬と人との生活空間を分けた飼い方をしたいと思っている方もおられると思います。

犬は家族の一員だと思っているが、犬らしい生活を過ごして欲しいと思っている方です。

そういう方には、藤井聡のしつけ法が合っていると思います。

 

藤井聡のしつけ方は、冷静に、無言でしつけます。

褒めるときも、チョンっと頭を撫でる程度。

森田誠のように、全身を何度も撫でて褒めるような事はありません。

 

どうすれば飼い主さんに褒めてもらえるのか、喜んでもらえるのか、

犬に考えさせるという方法です。

 

犬は決してソファーには登らせない。

同じ布団で一緒に寝るのも禁止!

犬は人間よりも下であるという、徹底した上下関係を目指します。

 

厳しすぎるくらいのしつけ方ですが、そのかわり効果は早いと思います。

警察犬のように自分に忠実な犬に育てたい人には藤井聡のしつけ法が合っていると思います。

 

我が家は、こぶしとベッタリ一緒に暮らすのが理想なので、藤井聡のしつけ法は少し合ってないかな~と感じました。

ただ、藤井聡のご飯のしつけ方(一口給餌法)は、すばらしい効き目で助かりました。

 

藤井聡の公式サイトはこちら。
>>>ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 

一方、最低限のしつけさえ出来ていれば大丈夫だから、

それよりも、おて、おすわり、まて、などを教えたいという方。

ちょっとした芸を教えたい方。

信頼関係とか上下関係を築くというような遠回りの方法ではなく、とにかく犬の問題行動だけを手早く治したいという方。

こんな方には遠藤和博のしつけ法が合っていると思います。

 

遠藤和博のしつけ法は、全てスマートカラーだけでしつけます。

犬が問題行動を起こした時、あるいは直前にスマートカラーを引っ張る。

それを繰り返しているうちに治ってくるという教え方です。

 

手早く簡単にしつけられますが、

大型犬や、気の強い和犬には向いてないように私は思いました。

 

小型犬や気の優しい犬には遠藤和博のしつけ法が合っているかもしれません。

 

遠藤和博の公式サイトはこちら
>>>遠藤和博の犬のしつけ講座 遠藤和博の犬のしつけ

 

 

以上、森田誠、藤井聡、遠藤和博の3つのしつけ法は、

どれが一番良くてどれが悪いとかじゃなくて、

飼い主さんの生活様式、希望する育て方によって選べば良いと思いました。

こぶしはアレルギー体質です。

AP水の患部への吹き付けと、犬用ステロイド剤コルタバンス、フルメタクリームなどで、乗り切っています。

(AP水、コルタバンスについては、「アレルギーの症状とおすすめ対策」の記事に、

フルメタクリームについては、「アレルギーが出ちゃいました」の記事に詳しく書いています。)

 

それでもど~しても痒くなる時があるみたいです。

 

お腹や脇の下、あるいは耳が痒くなりやすいようです。

 

特に耳は後ろ足でガーと掻くのですが、

時々きつく掻き過ぎて、傷つけてしまって痛かったのか、キュンと泣いている時もあります。

 

あまりに痒そうで、しょっちゅう掻いている時には、プレドニゾロン錠剤を1錠飲ませます。

痒みが治まります。

 

プレドニゾロン錠剤
プレドニゾロン錠5mg

味は美味しいみたいで、喜んで食べます。

 

病院の先生は、痒みが強く、ひどく掻く時にだけ1錠飲ませて下さいと言っていました。

しかも、次に飲ませるには必ず1週間あけて下さいとも言われました。

それだけ効き目が強く、副作用もある薬なんでしょうね。

 

プレドニゾロン錠剤の大きさ

こんなに小さい薬なのに、強い影響力があるみたいですね。

 

 

プレドニゾロン錠剤について、ちょっと調べてみました。

 

プレドニゾロン錠剤はステロイド薬です。

アレルギー性の病気以外に、アトピー性皮膚炎など炎症性の病気、免疫系の病気などに広く使用されるようです。

プレドニゾロンは、効果が早く、ほぼ間違いなく効くようです。

病気を治すものではありませんが、痒みは抑えることが出来ます。

 

こぶしもプレドニゾロンを飲んだら、その後は体や耳を掻く仕草は見えません。

痒みが治まっているようです。

2,3日はその効果は続いているように思います。

 

でもご存知のとおり、ステロイドには副作用があります。

プレドニゾロンにもやはり副作用があるようで、

短期間で必ずみられる症状としては、

  • 水をよく飲む。
  • 食欲が増す。
  • おしっこの量が増える。
  • たまに嘔吐や下痢をするワンコもいるようです。

こぶしの場合は、嘔吐や下痢の症状は一度も出たことはありません。

食欲もいつも旺盛なので、増したかどうかも分かりません(^^;;

ただ水は確かによく飲みます。

喉が渇くようですね。

水をよく飲むので必然的におしっこの量が増えるようです。

 

こういった副作用があるため、医者は1週間あけて飲むように言われたんですね。

飲み過ぎは注意ってことですね。

 

こぶしは、飲んだ日をメモっておいて、必ず1週間以上あけるように気をつけています。

 

副作用が怖くて飲まさない飼い主さんもおられるようです。

でも、痒がって傷つくほどひどく掻いてしまう姿を見ると、何とかしてあげたいものです。

 

プレドニゾロンは、やたらと飲ませたり、痒みが軽いのに飲ませたりしてはいけませんが、

ステロイドだからとむやみに否定し、飲ませないでいると、かえって愛犬を苦しめることにもなると思います。

 

要はさじ加減。

用量用法を守って適度に使う事が大切だと思います。

 

 

犬のしつけ体験談

【森田誠の犬のしつけ法の口コミ】
森田誠の犬のしつけ法の口コミは嘘!?私が実際に購入し実践した真実の口コミを暴露