フィラリア予防薬にカルドメックチュアブルP136

訳あって病院を変えたら、フィラリアの予防薬も変わりました。

以前は、イベルメックDSP-68でしたが、
今回は、カルドメックチュアブルP136という薬が出されました。

 

イベルメックについては、「柴犬こぶし、フィラリア予防の薬を飲んだ」に詳しく書いています。
フィラリアという病気についてもそちらに書いていますので、そちらをご覧ください。

 

薬が変われば、どんな薬なのか気になりますよね。

こぶしに飲ませて安心なのか、ちゃんと飲んでくれるのか・・・

それでカルドメックチュアブルP136について、ちょっと調べてみました。

カルドメックチュアブル1

カルドメックチュアブルは、メリアル・ジャパン株式会社の薬。
フロントラインを出している会社です。

犬糸状虫の寄生を100%予防すると同時に消化管内線虫の駆除が出来ます。

お菓子型なので、薬を飲むというより、食べさせるタイプです。

 

カルドメックチュアブルにはP34/P68/P136/P272の種類があり、それぞれ1個中に入っている成分量により分けられていて、ワンちゃんの体重によって選びます。

  • P34は体重5.6kg以下のワンちゃんに。
  • P68は体重5.7~11.3kg以下のワンちゃんに。
  • P136は体重11.4~22.6kg以下のワンちゃんに。
  • P272は体重22.7~45.3kg以下のワンちゃんに。

こぶしの体重は、11.55kgなので、ぎりぎりP136ですね。

 

春の蚊が出始めた次の月から、秋の蚊が居なくなった次の月まで、
毎月1回、1ヶ月間隔で食べさせます。

だいたい1cm×1cm×3cmくらいの大きさで、半生タイプで柔らかく、手でちぎれます。

カルドメックチュアブル2

そのまま食べさせてもいいのですが、私は手で小さくちぎって、おやつのように食べさせました。

すると全く嫌がらず、むしろ美味しそうに、もっとちょーだいくらいの勢いでペロっと食べてしまいましたよ(笑)

犬にとって美味しい味になっているんでしょうね。

価格は1680円でした。

 

実際、こぶしはカルドメックを1年飲んだわけですが、
先日、フィラリア検査をした結果、全く異常なしでした。

つまり、しっかり駆除されていたって事ですね。

 

カルドメックチュアブルとイベルメックを比較してみました。

比較した結果をこちらに詳しく書いていますので、読んでみて下さいね。

カルドメックチュアブルとイベルメックの比較

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加