停留睾丸のため去勢手術した画像

柴犬こぶし停留睾丸柴犬こぶしが停留睾丸のため、去勢手術を決意するまでに至った過程は、

柴犬こぶし 停留睾丸のため去勢手術した時期

に書いていますので、こちらをご覧ください。

 

さて、いよいよ去勢手術の前日となりました。

前日は、晩ごはんを食べた後は水以外は何も食べさせてはいけません。

こぶしはたいてい晩ごはんの後は何も食べずに寝るので、これは難なくクリアしました。

 

そして手術の当日です。

当日は朝8時以降は水も飲んではいけないので、それまでに散歩に連れて行き、
ウンチ、オシッコを済ませ水をたっぷり飲ませました。

もちろんご飯は食べさせてはいけないので、ご飯まだ~?と要求するような視線を無視しなければいけません。(これがつらい(*_*)ゝ)

昼までに病院へ連れて行き、診察を受けてから入院となりました。

こぶしにとって初めての入院。

看護師さんに抱っこされて奥の部屋へ連れて行かれるこぶしを
頑張れ~と心で叫びながら見送り、私たちは帰宅しました。
(これが一番つらい(T_T))

 

手術は、病院の昼の診察時間外に行われます。

もちろん全身麻酔です。

 

今頃手術が始まったんだろうか、と待っている時間が落ち着かなくて・・・。

お腹の中のタマタマがちゃんと見つかってうまく取れたのかな~?とか、
麻酔からちゃんと目が覚めるだろうか?とか色々心配してしまいました(;´д` )

 

そして2時過ぎには病院から手術終了の連絡が入りました。

無事に二つとも睾丸が取れて、もう麻酔から目が覚めてきましたよ~っと!

やれやれ安心しました。

この日はこのまま病院にお泊まりし、翌日の午前中の診察時間内でのお迎えとなります。

 

翌日、診察時間が始まってすぐ迎えに行きました。

まず先生から手術の経過と結果のお話。

そして取り除いた睾丸を見せてくれました。

お腹に入っていた方の睾丸は、外に出てた睾丸よりも若干小さかったですが、
二つとも綺麗なタマタマでした。
タマタマさん、いままでどうもありがとう m(_ _)m

 

そして術後のこぶしといよいよご対面!

私たち家族の顔を見ると飛んで走ってきてくれました。
首にはエリザベスカラーをはめていますが、とても元気そうです。

柴犬去勢手術後

先生によると、こぶしは小さな事を気にしない性格のようで、
カラーがあっても平気で動いて、平気でご飯も食べたそうです。アハ

ワンちゃんの中には、神経質で、じっと動かず固まってしまったり、ご飯も食べないワンコもいるそうですよ。

 

傷口は、お腹に縦に5cm程度と、外にタマタマがぶら下がってた根元あたりに1cm程度。

糸でザックリ縫われていました。

柴犬こぶし去勢手術跡

退院後は特に傷口をケアする必要もなし。

ただ傷口を舐めないように、エリザベスカラーはずっとはめておくこと。

舐めて傷口が開いてしまったワンコもいるらしいですよ(◎◎;)

 

ご飯はいつも通りのフードをいつも通りの量で。

ウンチ、オシッコのための散歩は、3日間は15分程度で、もしウンチをしなくても帰って来る。

4日目から徐々に時間を伸ばして良いが、それでも30分くらいにしておくこと。

これも傷口が開いてしまわないようにです。

さて、1週間後には抜糸です。

続きは、柴犬こぶし停留睾丸のため去勢手術した費用と術後へ。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加