停留睾丸のため去勢手術した費用と術後

柴犬こぶしエリザベスカラー

柴犬こぶしが、停留睾丸のため去勢手術を決意するまでに至った過程は、
柴犬こぶし停留睾丸のため去勢手術した時期に、

去勢手術の様子や画像は
柴犬こぶし停留睾丸のため去勢手術した画像
書いていますので、こちらをご覧ください。

 

 

まずは誰もが気になる去勢手術の費用(値段)です。

血液検査料金、睾丸摘出術料金(腹腔内)、鎮痛料金、入院料金、内服薬処方料金など合わせて、
約37,000円でした。

中型犬としての費用です。
こぶしは停留睾丸だったため、普通の去勢費用よりも少し値段が高いかもしれません。

 

 

さて、術後のこぶしの様子を報告します。

犬は本来自分の体を舐めてお手入れしますが、
エリザベスカラーを装着しているので、それが出来ません。

ですからオチンチンの先が常に汚れたままになってしまいます。

なので私が小まめに拭き取ってやりました。

柴犬去勢手術画像

 

ご飯を食べる時ももちろんエリザベスカラーをつけたまま食べますが、

お皿がカラーに引っかからないように、自分で器用に食べてましたよ。
柴犬去勢後の食事

 

寝る時はカラーはあまり邪魔にならなかったようです。

むしろちょうど顎がカラーに乗るので、枕代わりになって良かったみたいです。

 

しかしカラーをつけての散歩はかなり大変でした。

こぶし本人も大変でしょうが、連れているこちらもかなり大変。

犬って端っこを歩きたがりますよねー。

すると、カラーが壁などに引っかかってバリバリと大きな音がなるんです。

下を向いて歩く時は地面に引っかかってバリバリ音がなります。

柴犬こぶしエリザベスカラー

それでもこぶしは平気で歩くので、終いにはカラーが割れてしまいました。

割れた箇所はガムテープで補強しました。

 

 

そして、無事、傷口が開くこともなく、食欲もあり、カラーにもめげずに元気に動き回って、
1週間が過ぎました。

手術跡の内出血のような赤みもなくなりました。

柴犬こぶし去勢手術抜糸前

 

いよいよ待ちに待った抜糸です。

病院へ行き、診察を受け、体調に変化がなく綺麗に傷口が塞いでいることを確認して、
抜糸してもらいました~。

抜糸の料金は400円でした。

柴犬こぶし去勢手術抜糸後
ほら、手術跡も綺麗でしょ~(*^ ^*)

 

首のカラーが取れたこぶしは、嬉しそうにはしゃいでいるように見えました。

犬にとっても、やれやれ~って感じでしょうか(笑)

 

去勢後の注意点は、太りやすくなるので、フードに気をつけること。

食欲が旺盛になってくるので、ダイエットフードに切り替えるか、
あるいはフードを減らして、キャベツや大根や人参を湯がいてあげるのもいいそうです。

 

一般的に、去勢をすると、性格が穏やかになる、マーキングをしなくなる、攻撃性がなくなる・・
とか言われますが、
それは個人差があり、全く変わらないワンコもいるそうです。

 

こぶしの場合、去勢手術をしたのがもう1歳9ヶ月になっていましたので、
すでに性格も確立しており、術後は全く変わりませんでした。

相変わらず散歩に出るとマーキングに精を出しております。

柴犬こぶしマーキング

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加