犬と見つめ合うことで絆が深まる

犬のすごさは、人と絆を結べること。
と麻布大の菊水健史教授が仰っています。

 

犬は動物で唯一、飼い主と目を合わせることが出来ます。

それをアイコンタクトと言ってますが、アイコンタクトすることにより、絆が深まるらしいですよ。

 

私とこぶしも、長い時間じーと見つめ合う事が出来ます。

見つめ合っていると、愛情が深まるのだそうです

 

家庭で飼われている犬とその飼い主30組で実験が行われました。

犬は柴犬、ミニチュア・シュナウツァー、ゴールデン・レトリバー、大型プードルなど多様な犬種や年齢の犬たちが参加しました。

犬と飼い主が30分間触れあったあと、互いの尿に含まれるオキシトシンの濃度を測ります。

その結果、

飼い主とよく見つめ合う犬は、あまり見つめない犬よりもオキシトシンの濃度が高いと判明しました。

その飼い主の尿でも同じ傾向がみられました。

 

つまり、互いを見つめ合うほど、犬も人間も「オキシトシン」が多く分泌される結果となりました。

「オキシトシン」というのは相手への愛情や信頼関係を生み出す効果があり「愛情ホルモン」とも呼ばれています。

愛情ホルモンは、人間の親子の絆を強める効果がありますが、

それが犬と飼い主の間でも同じく絆を強める効果が出ているという事です。

 

犬と人間は目と目で通じあう特別な絆があるんですね~。

 

これからも、もっともっとこぶしとアイコンタクトして、絆を深めていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加