柴犬こぶしが胃腸炎になり嘔吐と食欲不振の症状。病院での治療法とプリンペラン薬について。

ある日の晩、いきなり食べたご飯を全部吐き出してしまいました。

晩ごはんを食べてから、約2時間後の頃です。

 

まずは気持ち悪そうに舌をペロペロと何度も出して、

そして、お腹を上下させて、下を向いて、静かに吐きました。

嘔吐するのは初めての事なので、びっくりして焦りました。

 

嘔吐物はほとんど晩ごはんそのままで、あまり消化されていませんでした。

 

こぶしのご飯は、ドッグフードに、大根と人参を茹でて細かく切ったものを混ぜています。

それがあまり消化されていませんでした。

 

食後2時間なので、どれくらい消化されているものなのかは分かりませんが・・・・。

 

嘔吐した後、こぶしは何もなかったように元気で、変わった様子もなかったので、

この日はそのまま寝かしました。

 

 

ところが次の日、

朝ごはんを食べた約2時間後、またご飯を全部吐き出してしまいました。

やはりあまり消化されていませんでした。

 

これはおかしい。

2度も吐くなんて、どこか具合が悪いんだ。

 

すぐに病院へ行きました。

 

 

病院では、便の様子、食欲について聞かれました。

 

便は普通の便が今朝も出ました。

下痢はしていません。

食欲はあります。朝ごはんもペロっと平らげましたから。

 

 

診察の結果、胃炎でした。

 

胃が弱って荒れているとのことです。

 

 

医師によると、犬は元々胃が弱い動物だそうです。

 

 

犬が胃炎を起こす原因は、

・食べ過ぎた。

・ドッグフードが変わった。

・新しいおやつを食べて、それが合わなかった。

だそうです。

 

どの場合もすぐに反応が出る時もあれば、2週間ほどして症状が現われる場合もあるそうです。

 

 

思い当たるとしたら、新しいおやつを食べ過ぎたのかな???

 

 

治療は、筋肉・皮下注射を1本打ちました。

 

これは吐き気止めのプリンペランの注射です。

 

首の肉をつまんで持ち上げてプスっと打ちました。

 

この注射は痛いらしく、普段全く泣かない吠えないこぶしが、キャンって声をあげました。

 

そして同じくプリンペランの錠剤を処方されました。

朝夕、食前に1錠半。

3日分です。

 

 

ここで、プリンペランについてお話しましょう。

プリンペランは主に吐き気止めとして使われる薬で、

胃炎・腎炎などの消化器における様々な不調に対して効果を発揮する薬です。

 

嘔吐が胃の逆運動であることに着目して、

動きを逆ではなく正常に戻せば嘔吐が止まる、ということで使用されるのがプリンペランです。

 

副作用もほとんどなく、安心して飲める薬だそうです。

 

 

さっそくこの日の夕方から錠剤を飲ませました。

 

こぶしはたいていの薬は嫌がらず飲むのですが、

プリンペランは味が苦手なのか、飲ませてもペっと吐きだします。

 

仕方なく、プリンペランを細かく砕いて、少量のおやつに混ぜて飲ませました。

 

 

ご飯の量は、初めのうちは、いつもの4分の1にし、

3日間、徐々にご飯の量を増やしていくつもりでした。

 

ところが、こぶしの食欲がだんだんなくなっていき、

全く食べない時もありました。

 

こうして3日間、あまりご飯は食べないものの、1度も吐かずに済みました。

 

 

ところが薬が無くなったとたん、またご飯を吐いたんです。

まだ胃の調子は良くなってなかったようです。

 

再び病院で診察してもらい、他の異常が見つからなかったため、

追加でプリンペランの薬が処方されました。

 

 

結局、追加の薬を二日分飲んだ時点で、

食欲も出て来たようなので、投薬は止めました。

 

その後、徐々にご飯の量を増やし、

初めて吐いてから7日で、胃炎は回復しました。

 

元のガツガツ食べるこぶしが復活です!

 

のちに、胃腸炎の原因がドッグフードであることが分かりました。

詳しくはこちらに書いています。
嘔吐の原因はドッグフードでした。【ヒルズのサイエンス・ダイエットライト肥満傾向の成犬用6.5㎏が自主回収】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加