今年も狂犬病の予防注射の季節がやってきました。

これが来ると春だな~と思います。

狂犬病予防接種の時期は毎年4月~6月と決められています。

 

もしこの注射をせずに狂犬病にかかってしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

 

まず狂犬病はウイルス感染で発症します。

感染した動物にかまれた傷口からウイルスが侵入するという感染経路です。

潜伏期間は2週間から2ヶ月。

狂犬病の症状は、

  • 元気がなくなり食欲が減退する
  • 目的なく徘徊する
  • 目の前の物に何でもかみつく
  • 無意味に地面を掘る
  • 狼のような特徴的な遠吠えをする
  • 突然攻撃をする
  • 麻痺が始まる
  • 意識が低下する

などの症状が出て、10日も経たないうちに死亡してしまいます。

特効薬はいまだになく、発症してしまったら治療法はなく死亡します

致死率100%です!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

ですから毎年この時期には忘れずに必ず狂犬病の予防注射を接種しましょうね。

 

狂犬病予防注射は市区町村が行う集合注射、または動物病院で接種することができます。

こぶしは毎年、行きつけの動物病院で接種しています。

 

こぶしにとってはもう5度目の狂犬病注射です。

飼い主にとっては慣れたもの。

しかし、こぶしは何度やっても慣れないようで、
今回も何か不穏な空気を察したのか、院内に入るのを拒否!

でもお父さんに抱っこされて診察室の診察台に乗っけられ、
看護婦さんに優しく抱っこされました。

こうなったらもう降参です(・_・;)

大人しく、されるがままのこぶしです。

 

毎回のことながら、狂犬病注射は一瞬で終わります。

背中のあたりをツマまれたかと思ったら、ブスっと終了~。

1年に1回恒例の狂犬病注射も無事に終わりました。

 

狂犬病注射の値段は自治体によって異なるそうですが、こぶしの場合は2,640円でした。

そして狂犬病注射済証のプレート代は550円です。

このプレートは狂犬病予防注射を受けた犬であることを証明するための標識です。

常に愛犬の身に着けておきましょう。

 

このプレートは地域によってデザインが様々です。

骨型や犬の姿型、顔型、足型、四角、ハート型など色々あって面白いです。

 

詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/10.html

こぶしが2回目のワクチン接種を打ってから、1ヶ月が経ったので、
狂犬病の予防注射を打ちに行きました。

 

厚生労働省では、
『生後91日以上の犬には早く狂犬病予防接種を受けさせましょう』と言っています。

 

でも実際のところ、2回目のワクチン接種を生後約90日目で打ちますよね。

 

狂犬病の予防注射はそれから30日程度あいてからの接種となるので、

どうしても生後120日くらいの接種になってしまうと思うんです。

 

こぶしは、生後約120日目に、かかりつけの動物病院で狂犬病の予防接種をしました(*^^)v

 

柴犬こぶし注射

 

今までのワクチン接種と同様に、お尻にチクっと注射針を刺して終了~~~。

あっという間に終わりました。

 

 

 

こぶしは産まれて初めての狂犬病の予防注射でしたが、
これからは、毎年1回、打たなければダメなんですよね。
(これは義務だからね!)

 

予防注射接種時期は4~6月と決められていて、
毎年この時期に、忘れずに打たないとね(^_-)-☆

 

そういえば、毎年4月に、市から、巡回での集合注射案内の回覧板が回っていましたっけ。

犬を飼っていない時は、「そんなの関係ない!」(古い;)と気にも留めていませんでしたが、
これからは注意しておかないといけませんね(ノ^_^) ハイ!

 

市からの案内によると、地区ごとに場所が決められていて、
決められた日にその場所に行くと、接種してくれるみたいですよ。

 

場所は公園であったり、公民館であったりするようです。

 

こぶしは産まれて初めての注射だったので、動物病院で打ちましたが、
次回からは、集合注射を利用するのもいいかもしれませんね。

 

同じ地区に住んでいるワンちゃんや飼い主さんにも会えるので、
交流のチャンスかもしれません(^_-)-☆

 

 

狂犬病の注射料金は、3,120円でした。

 

予防注射をしたら、「狂犬病予防注射済証」が発行されます。

注射済票の交付には、交付手数料550円かかりました。

 

やれやれこれで、万が一にでも人を噛むような事があっても、
狂犬病を感染させてしまうことがなくなりました!

 

 

狂犬病の予防注射が済んだら、いよいよ、こぶしを市に登録できます。

 

実は、こぶしの母さんは、市への登録を心待ちにしておりましたo(*^^*)oワクワク

なぜなら、登録すれば、こぶしが我が家の家族だと認知されるような気がするからです。

と言うのは、登録すると、こぶし専用の番号が発行されて、
この番号により、誰の犬か、どこで飼われている犬かが分かるようになっています。

言わば、犬の住所登録って感じでしょうか。

だから母さんは、我が家の籍に、こぶしもようやく入るような感覚で、すごく嬉しいんです。

 

 

登録は、住んでいる市内の動物病院ならどこでも申請してもらえます。

わざわざ市役所に行かなくてもいいってことですね。
こぶしも、狂犬病の予防注射をした動物病院で、注射のあとすぐに手続きしてもらいました。

登録手数料は3,000円でした。
登録すると、鑑札という札がもらえます。

鑑札には、こぶしの番号がしっかり印刷されてあります。

 

鑑札と狂犬病予防注射済証

 

この鑑札と「狂犬病予防注射済証」は、必ずワンちゃんに着けておかないといけないそうです。

これは飼い主の義務だそうですよ。

狂犬病予防注射を受けた犬であることを証明するためもありますが、
万が一、迷子になっても、この鑑札から、確実に母さんのもとへ戻って来られるからです。

 

 

しかし、この鑑札や注射済証は、地域によってデザインが様々なんですよ。

わが市のデザインは、言ったら悪いけど、ダサくてデカイーーー(*_*)

 

隣の市なんて、鑑札が可愛いにくきゅう型なんですよ。

他に、犬型とか、ボーン型、ハート型の地域もあります。

首輪に着けやすいように、大きさを小さく配慮されているところもあるそうです。

 

いいなぁーーー( ̄д ̄)

 

犬に着けるのが義務だと言うのなら、
着けやすいように考慮してほしいですよね(`Δ´)

 

今回の動物病院では、

狂犬病の注射料金は、3,120円
注射済証交付手数料   550円
登録手数料は    3,000円

で、トータル6,670円の出費となりました。

 

狂犬病の注射も終わり、登録も出来たので、
これで晴れてどこにでもお出かけする事が出来るようになりました。

 

ヤッターーーーー!!!

 

こぶしをどこへ連れて行こうかな~~~o(^ー^)oワクワク